• Home 被害者請求の重要性

被害者請求の重要性

事前認定の手続きに関しては加害者の保険会社が全て対応してくれるものの、支払う示談金が高くなるとは考えにくいです。これは保険会社はあくまでも営利企業であるからで、被害者にとってプラスとなる書面を提出してくれない場合もあります。だからこそ、被害者請求が重要になるといえるでしょう。必要となる手続きを被害者側で全て行う必要はあるものの、訴えたい点に関しての書面を積極的に提出できるメリットがあります。適切な後遺障害等級が認定される可能性が高まり、満足ができる結果となるでしょう。

手間こそあるものの、被害者の方本人が対応するのは不可能ではありません。ただ、肉体的や精神的疲労がある中で対応するのは想像以上に難しいものとなるのは間違いないです。だからこそ、専門家である弁護士に依頼しての対応が望ましいといえるでしょう。

慰謝料とは別の後遺障害が認定されれば、慰謝料の支払い請求が可能となります。そして保険会社から支払われる示談金額が増額する仕組みです。弁護士に依頼しての対応なら、弁護士基準で金額が決まっていき、場合によっては数千万円もの違いがある場合もない訳ではありません。それほど被害者請求を行って弁護士基準で金額が決まることは大切になります。