• Home 交通事故被害と後遺症

交通事故被害と後遺症

交通事故被害に遭った場合でも治療で元通りになることもあれば、何かしらの後遺障害が残ってしまうこともあります。症状固定とされる時期を迎えてもこれ以上は元通りにはならないのを指しているのが症状固定です。となると、当然それに見合うだけの示談金を獲得したいと思うでしょう。後遺障害が残った場合には、後遺障害申請をしないといけません。事前認定は特に難しい点はないものの、これは保険会社任せとなってしまうのが注意点になります。後遺障害等級が認定された場合、示談金額は高くなるものです。だからこそ、等級が認定されるための書面を提出してくれない可能性があります。保険会社に任せっきりにすれば損をする可能性があるのを理解しないといけません。

後遺障害等級認定を受けてもらえる慰謝料の金額は弁護士基準になると一気に跳ね上がるのも大きなポイントになります。加害者の保険会社は全てを対応してはくれるものの、適正な慰謝料とはならないのが基本です。被害者請求を活用して後遺障害等級の認定を受けての対応を心がけるのが基本中の基本となります。全てを被害者の方が対応するのは難しいものの、弁護士に相談して対応すれば全く問題ありません。

当サイトでは交通事故被害で後遺症が残った場合の適切な対応についての解説をしています。保険会社はあくまでも営利企業で、親切に対応してくれるのは支払いを少なくしたいと考えるからであるのを覚えておいた方が良いでしょう。